TOP > Works > Character Show

Character Show キャラクターショー

1971年、日本で初めて「キャラクターショー」を生み出したのが越知企画の創立者、越知康雄です。

テレビ放送がスタートしたヒーローを、実際に人前に出してみたら面白いのでは?という企画が発端でした。

キャラクターショーの歴史=われわれ越知企画の歴史と言っても過言ではありません。

現在は、「よみうりランド」を初めとしたアミューズメントパークでのキャラクターショーの運営や外部におけるサンリオショーの制作協力や運営管理も担当しています。

そして単にショーのみならず、キャラクターやダンサーのコスチューム/パレードカートの製作、常設のお化け屋敷の企画/レストランの装飾など、施設全体に関わる案件のプロデュースも担当しています。

1971年,“越知企画”的创办者越知康雄成功导演了日本首场“角色扮演秀”。

将活跃在电视荧幕上的“假面超人”放到人们跟前,岂不是别有一番趣味?这便是该策划的灵感来源。

毫不夸张地说,角色扮演秀的历史就是越知企画的历史。

我们现在还担任着“读卖乐园”等休闲游乐园的主题秀运营工作,以及三丽鸥表演秀的共同制作及运营管理工作。

除表演秀外,我们还负责游乐园的整体运营,包括主题角色及舞蹈人员的服装制作、游行用卡丁车制造,常设鬼屋的创意策划、餐厅装饰等工作。

Back in 1971, the founder of Ochi Planning, Yasuo Ochi, created the then-very-first "character show" in Japan.

The action character drama series "MASKED RIDER" (Kamen Rider) aired on TV around that time, and Yasuo came up with the idea of translating it for stage.

The history of the ever-thriving character show industry can be said to be the history of Ochi Planning.

We currently manage character shows for various amusement parks, for instance, "Yomiuri Land". We also collaborate with various partners in the creation and operational management of shows, including Sanrio-brand characters such as Hello Kitty and Badtz-Maru.

Our expertise has allowed us also to venture into wider production styles. We sometimes participate in the overall development of parks and facilities, and lead on the production of costumes for characters and dancers, parade carts and haunted houses as part of long-term attraction plans for amusement parks, as well as dining space interiors.

ページトップへ